武蔵野にて“想う” 東小金井駅 栗山公園にて

東小金井に住んだのは、大学を卒業して即のこと。すんだアパートは駅の南側商店街からちょっとはずれたところで、何と、実は、当時の知り合いの演劇関係の方からの紹介で、ある人の又借りの又借りだった。 又借りであることは、隣りの大家さんには公認だったのだが、またがりの人物が仕事の用で浅草方面に一時的に居住しなかればならず、その合間の10ヶ月ほど、全く他人のぼくが住んだのだった。 でまあ、後ほど、当たり前ですが色々クレームがあって、ぼく自身も下の又借り人も(もはや元の借主も関係なくなった)追い出されるのですが、ともあれ、社会人になって一番はじめの居住地としては、東小金井という場所は、とても住みやすかった。

年末の神社のお参り 

新たな年が明けましたが、昨年末の報告です。 東京に戻り、ようやく仕事場のカタチが整ったと思うと、はや年の瀬が近づいてきて、新たな仕事を始めるまで時間があるうちに、と、お気に入りの神社へお参りしてきました。 荻窪 八幡神社 井草...

NO IMAGE

ボクシングよ

ツイッターにて。 BOXINGは、スポーツであり、組織である以前に【存在】であり、ARTなのだ。孤の哲学のないBOXINGなどあり得ない。あいつらは嘘っぱちだ。一人でリングに立たせれば、即わかる。パンツ一丁、グローブはめて、出て来いや!— boxinglee (@boxinglee...

石原慎太郎氏の国会での遺言

石原慎太郎氏の国会での遺言 国、国体、靖国を語ることに、ライプニッツがキーワードが出てくる。 この人は、やはり文学者、いや、哲学者だったんだなあ。 時々見るために、ここに動画アップしておきます。

オンリー マイ ボクシング Only My Boxing

大相撲、レスリング、アメフト、そして、とうとうきたか、 ボクシング。 昨今のスポーツ界のマネジメント汚染報道見て、 いやな思いはしていたけど、 ボクシングに関しては、本当に特別に嫌な思いがしてしまう。 そして、自分自身、10代から今の50代にある、 憧れ、哲学、生き方、さまざまな方面で基盤となっている考え方に、 ボクシング、というキーワードが、歴然としてあるのだ。だからこそ、ボクシング、がこれほど汚辱されていたことに、

ワールドカップ2018幕開け!忘れられた微熱な風が吹いている

ワールドカップで日本がコロンビアに勝利したらしい。 テレビでニュースを見ていたのだが、およそこんな時は俄かファンになる。このスポーツというイベントでの同時代性、いや同時性ということがテレビの存在感を際立たせる。 日本の各地のファン、コロンビアの国内の各地のファン、コロンビアの大使館で...

見晴台から、ずっと。

先日、同郷の小学、中学の同期生の家に訪問して酒を飲みながら語った。 私は、何故に東京にいて、齢50になりながら、 故郷青森県十和田市について叫ぶのか。 集まった同郷近郊の友人や家族と語った。 私の生れた青森県十和田市の話にしても、一つの枠で言い切れない世界がある。 ...

スポンサーリンク