新渡戸稲造がダイナマイトを自ら製造し、爆破させたという事実を、キミは知っているか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


再度言う。

青森県十和田市の太素塚に墓碑と自らの書庫・新渡戸文庫を前身とする新渡戸記念館を残した、世界的書籍「武士道 BUSHIDO:The soul of Japan」(原文英語)の著者 新渡戸稲造がである。

その、

スポンサーリンク

新渡戸稲造が幼少の頃、ダイナマイトを自ら製造し、爆破させたという事実を、キミは知っているか。

話はかわって、稲造がダイナマイトを作った頃と同時期の幼少期のぼくの話だ。

太素塚の裏に暮らしていたぼくの父親は、土建会社にずっと勤めていた。

ものごころ付いた頃は、毎朝朝一番の5時に家からバイクのスーパーカブで数分の稲荷神社近くの会社の車庫の鍵を開けに行き、それから6時ぐらいに帰ってきて、朝飯を食べてから、新たに出勤するという日課だった。

よって、ぼくの記憶の太素塚裏の朝は、父親のスーパーカブのエンジン音ではじまる。

後々父親の肩書きというか、役職は何か、と質問してみたら、明確な答えもなく、営業というか経理というか現場監督というか、つまり、何でもやっていたらしい。

何せ、会社の事務所には、父親と美人の事務員のエミちゃんの二人しかいなかった。

他の社員というか従業員は、全部、現場の方々だった。

世間は、当時のマスコミ的には、そういう方々を、土方、と当時やや蔑んだ言い方で行っていたが、とんでもない。凄い人たちがいろいろいた。

中の一人は、父親を一瞬の間だけ空手家にしてしまった。この話は、後に。細かには、また出てくるだろう。

その所謂昭和40年前半の高度成長期の頃の土方の方々は、営業兼経理兼現場監督兼雑用、つまりや何でもやるオフィス勤務の父親の呼びかけで、仕事が空けた夕方に、よく太素塚裏の我が家に集まって、酒を喰らっていた。

夏の蚊の飛び交う時期以外は、テラスに七輪出して、バラ焼きなんか焼いて、日本酒をグイグイやっていた。

父親は、背丈は大きい方ではない、というか、チビの方だと思うのだが、息子であるぼくと全く違い、グデングデンの酔っ払いになる前に全くの素面では、経理も、論理も、話の口先も立ち、現場の皆さんの所謂「会社・本部への不満」をことごとく論理で打ち負かしていた。

「オメが、これだば、アレだば、コレだべ」

と父親がたしなめる。すると、

「いや、はは、ウスマズさん、参りましたじゃ~」

と、現場のお父さんはお手上げ、降参する。

「ま~、飲めじゃ~~~」

「いや、はああああ」

一升瓶が傾けられ、トクトクとコップ(グラスじゃあねえよ)さ、酒っこが注がれる。

その後、父親も、土方衆のおじさんたちも、ドロドロになる。

強烈カミナリかっちゃの母さんが、おでましして、難無くお開き。

家で酔っ払うのは、外からタクシー帰りよりも遥かに、ラクだった、だろうね。

ダイナマイトの現物を見た日

でともあれ、我が家は常に、

土方衆のオジサンと七輪と一升瓶とバラ焼きと、

なんだかわかんない屁理屈と、父親の無理矢理クダリの結論付けで、そ

う、つまりは太素塚の夜はそのように更けていった。

で、小学高学年の頃だったと思う。

父親がある日、自分の勤め先の土建会社の事務所に用があって、ぼくを車で連れて行った。

で、一仕事終わると、急に、ちょいと得意そうに言ってきた。

「おい、ハッパ見せでやるが」

「ハッパって、何?」

「ダイナマイトよ」

え!! ダイナマイト!!!

その後、ぼくはこっそり、事務所の奥の非常に深い倉庫のようなところに連れられて、ダイナマイトを父親に見せられた。

「これ、火つければ、大変だよね」

ぼくは言った。

「ボガーーーーーーーーン、よ」

父親は、やはり得意そうな雰囲気だった。

よくわからない、が、その時の感覚は、

「土方、って、かっちょいいじゃん」(現代の東京語です)

何か、プロの仕事師くさい、父親が、急にかっこよく見えた。

ボガーーーーーーん、よ。

で、新渡戸稲造がダイナマイトがどうしたって?

ともあれ、ダイナマイトを自ら製造し、爆破させたという事実を、キミは知っているか。

って、ことだよ。

本当かよ!!

本当だよ!!

もうちょい、詳しいことは、また書くけど、まずは、

新渡戸稲造とダイナマイトの物語は、

青森県 十和田市新渡戸記念館の学芸員 角田女史に聞いてください。

うふふ。

一応、時間があったら、また書きます。

再度、キミに聞く!

新渡戸稲造がダイナマイトを自ら製造し、爆破させたという事実をキミは知っているか。

しつこいな、ってのはわけあって、

というわけで、いきなりこのブログのタイトルは、

「オチボ通信|ダイナマイトと武士道」

に変更されました。

おっと時間となりました。

また、なるべくまた明日。

参考:十和田市新渡戸記念館(ダイナイトって本当?って問合せしてください)

最期にまたクイーン聴こうよ!

Queen – Live at LIVE AID 1985/07/13 [Best Version]

なるべく毎日。ちょびっとでも更新したい、オチボでした。

オチボ通信|ダイナマイトと武士道でした!!

スポンサーリンク
気に入ったらシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク