「 記憶 」一覧

予言者としての中上健次

予言者としての中上健次

ふと、インターネットで語る、ということ、そのこと自体を考え直したりしています。 30代最期の年の夏に、WEB、ネット、インターネット、ホームページ、サイトという記号が流布し、価値が一定化する前に、こんな惑いの中新たな仕事を模索していた、不惑の自分が、当時のウェブサイトで書いていました。...

スポンサーリンク