「 映画 」一覧

我が心の故郷 映画「男はつらいよ」は、やっぱり泣けるぜ。

我が心の故郷 映画「男はつらいよ」は、やっぱり泣けるぜ。

実は「男はつらいよ」シリーズは、ぼくが勤め人だった30才前後の頃、あまりに仕事が慌しくてうまくゆかず、落ち込んでいた時期に、心の助っ人になってくれた映画でした。 あまりに忙しくて、土日も働いていた頃がありながらも、絶対毎週1本は観る、と決めて、レンタルビデオを借りて一年ほどかけて全作品を観ました。

キミの死ぬところはこんな淋しいところじゃない~2018年太素祭160周年記念スタッフ参加を終えて 映画「どついたるねん」を想い起こした

キミの死ぬところはこんな淋しいところじゃない~2018年太素祭160周年記念スタッフ参加を終えて 映画「どついたるねん」を想い起こした

広告代理店勤めをしていた二十代の末期、会社の先輩のセコチンのマンションで、土曜日の半ドン明けの午後、ビデオで観たんだが、映画の終わりのエンディングで、あまりに深く感動してしまって、そそくさと新中野のその場所から立ち去ったのを覚えている。

夢の荒野

夢の荒野

故郷 青森県十和田市の開拓史は、実に世界において普遍的である といいつづけるには、わけがある。 今まで十和田開拓史に通じる文芸、演劇、映画作品にいくつも遭遇した。 その代表的な一つがこれだ。 映画「FIELD OF DREAMS(フィールドオブドリームス)」。 ...

ラジオの国から来た男

ラジオの国から来た男

オリンピックのテレビ放送をずっと、ぼーっと眺めていて、 ふと、交通、という言葉を思い出した。 1980年代初頭、当時、流行っていたポストモダン哲学の中の キーワードとしての「交通」である。 思えば、インターネットがまだ流布する以前、 活版印刷から衛星放送へ、 ...

スポンサーリンク