「 太素塚への道 」一覧

見晴台から、ずっと。

見晴台から、ずっと。

は、ものごころついた頃、おそらくは3歳頃から、 その高い視点に気づき始めていた。 何故ならば、私は、 今から150年前に狂気的な才覚と計画力と実行力をもつ人物、 新渡戸傳氏と、その子息である十次郎氏と、さらにその子息の新渡戸稲造氏の 墓を祭った太素塚を中心に、世界を体感し始めていたからだ。

元町のご詠歌とジョン・コルトレーン

元町のご詠歌とジョン・コルトレーン

モダンジャズというものに惹きつけられるきっかけは、5歳の頃に遭遇した葬式のご詠歌だった。 ジャズというものをはじめて真っ当に正面から聴いたのが、高校1年の土曜日の昼下がり。 クラブ活動終わってから、家に帰って、太素塚裏の家の2階の部屋の畳に寝転がりながら、NHKのFMを聴き流していた...

太素塚への道 序章

太素塚への道 序章

今年の青森県十和田市太素塚(たいそづか)のお祭り、太素祭(たいそさい)が近づいてきたので、太素塚の想い出の発端をたどって見たい。 生まれ故郷にある太素塚について。 不躾な言い方かもしれないけど、私が、生まれ故郷の十和田市の太素塚、その大切さについて強くいい続けている最も大きな理由。 ...

スポンサーリンク