好きなことを仕事にして、糧にし、生きていくために。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブ制作のために、またまた写真を整理していたら、こんなのが見つかった。

変身忍者 佐藤豪とboxinglee(成長してオジサンになったオチボをboxingleeというのだ)が、二人でセッションしているというもの。

いかにもギターヘタクソにかっ飛ばして歌っているわたしと、
妙に楽しそうにバックで引いている変身忍者 佐藤豪。

スポンサーリンク

2005年頃だろうか。boxingleeで店主自らステージでギターかき鳴らして、ガナっていたのはいくつか理由があった。

大きくは二つ。

店主自らがバカ丸出しによる営業活性化のためではあった。
もうひとつは、ただのヤケクソだったような気もする。

中学生の頃依頼、無理やりステージで演奏しているミュージシャンの指使いを見ながら、真似して、なるほど、ごまかしのきくコードの押さえ方や作り方を真似して、店が跳ねたあと、夜中に練習していた。

DJの方は、実は、日本で最も世界的に著名なDJの弟子がレギュラーでDJやっていた。
スクラッチが驚くほどに卓越し、これほどの音が出るのか、と驚嘆するくらいに、驚き、びっくりして、感動した。

彼が宝にしていたレコード盤を見れば、ところどころの溝にシールが張ってある。
彼にとって、レコードとは、完全にギターやバイオリンと同じような弦楽器なのであった。

その後、彼が「あの人、呼ぶよ。マスター」と言った。

「うっそー」と、思ったけど、

彼は、時々ラリパッパで店に来たが、(無論、店では、ミョーな薬は葉っぱの類は、絶対に禁止で、やれば出入り禁止と厳しくしていましたが)

まじに、彼がクラブイベントをやっているときに、あのDJ Krushさんが遊びに来てくれたのは、ひっくり返ってしまった。

よって、スクラッチはそいつ、超音バカのDJ REDのやり方を、横目で見ながら、夜中に真似して練習していた。

ようするに、ギターにしても、歌にしても、DJにしても、出入りするミュージシャンやDJが、オレの先生だったわけだ。

ともかく、我が心の鏡のごとく、来るミュージシャン、DJ、お客様、関係者、酔っ払い、すべてが不可思議でアクがありすぎて、日々疲れ果てていたが、今思えば、すべてがの発端が、オーナーである、私、boxingleeなのであった。と、今、つくづく思う。

ともあれ、今の課題は。
この年になっても、やっぱり、好きなこと、好きな場所、好きな雰囲気や、好きな考え方で、
仕事をしてゆく。

それを、もっともっと、コツコツ、前に前に。

次の仕事の土台が、ようやく一ヶ月かかってできた。

さて、これから、土を耕しはじめます。

好きなことを再び三度、仕事にし、
好きな人と、好きなご飯と、酒を飲むために。

DJ KRUSH DJを日本初で世界的にいい飯が食えるプロフェショナル=職業として確立した男。

惚れます。

DJ KRUSH HIPHOPがジャポネスクにシンクロする。

SONIC TEMPLE DJ KRUSH at 増上寺
スポンサーリンク
気に入ったらシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク