サマーウォーズをリアルで戦う、そして鼻水!歌を歌おう!

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

 

最近、ロシアとウクライナの動向が気にならざるを得ない。

けれど、何かリアリティーがない、という気分が否めない。

なぜだろう。

明らかに、メディアによる情報伝達の変化だ。

僕にはテレビがない。

というか、テレビを見ない。

テレビという物体はあるのだが、4年ほど前から、テレビは全く自分の生活圏の中で生きていない。

逆にスマホ、パソコンのインターネットからは逐一情報を撮っている。

こんな情報の取り方でいいのだろうか?

と思いながら、最近気になっていた映画をAmazonPrimeで見はじめた。

その名も「サマーウォーズ」。

夏の戦争だ。

2010年あたりだと思う。

早稲田松竹で、何の前情報もなく、ただ、何か面白そうだからを思って見た。

アニマ映画だ、と単純に思って映画館に入って暗闇の中の光を浴びたが、

それは、予想と全く違うものだった。

今見てみると、明かに10年後の今、

自分は、最新のiPhoneとパソコンを使って情報を得ている。

 

そしてその情報の向こう側で、戦争がはじまり、悲惨な殺戮が行われている。

そして、その情報自体が模造されている、というフェイクな情報が交錯する。

 

映画そのものが同時進行している錯覚に陥る。

サマーウォーズ、

今、バーチャルとリアルが交錯しながら明らかに戦争が起きている。

今、どうするべきか!!

映画「サマーウォーズ」と同様のことが、

まったくリアルに、現実に、本当に、起きている。

 

自分のできる行動範囲の中で何ができるか?

多くの人たちに、その虚飾に満ちたリアル、

リアルの中の虚飾の構造、

それを知らせるしかない。

どうやって?

世は、もはやヴァーチャルばかり。

そかも、それはアニメの映画。

 

いや、その映画が伝えたかったことが、そのままつたえつつければつたわるはずである

という確信がある。

映画だ。

映画は、映画だ。

人と、知と血、汗と身体と言葉作った。

映画の中の登場人物は、アバターと呼ばれるヴァーチャルキャラクターと、

リアルの場面では、古き良き旧家の大家族と友人と恋人と愛情!

それを伝えるのだ!!

本日は、花粉のせいか、鼻水が止まらないので脱筆(脱タイプ)

 

リアルだ!

さあ、歌おう!

Summer Wars(サマーウォーズ) Ending Song/ Bokura No Natsu No Yume Tatsura Yamashita.

#山下達郎

#サマーウォーズ

タイトルとURLをコピーしました