萩原健一 JUNの赤シャツとショーケン・ハロー・マイ・アルチュール・ランボー・ザ・ジェラシー なんとなくグッバイ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする

ショーケンを一気に好きになってしまったアルバム「エンジェルゲイト」。高校時代にクイーンやコルトレーンと同時にいつも聴いていたね。ウィスキー飲みながらさ。高校生、ダメだってさ。

ショーケン、萩原健一が死んじまったよ。

68歳だったってさ。10年違いだったんだね。たった。いや、そうでもないか。まてよ。

先日の内田裕也につづいて、ロッケンロラーな人の旅立ちがプチブームなのかな、などと。

思い返せば、萩原健一、ショーケン、本当に好きだった。

歌手、役者、犯罪者、詩人、なんというか

ある種、表面的な、というか自己表出の仕方、という部分では、

最も影響を受けた人なのかもしれない。

いや、もしかしたら、ショーケンのような表現者が自分の生きてゆきたい自己表出のスタイル、

その代表的なのがショーケンなのかもしれない。

語呂は重なりますが、ショーケンのような、

どこか本気のようで、かりそめのようで、ロマンチックで、バカらしくて、

みたいな立ち位置が自分としては、あこがれているようです。

(実際は、ただのバカらしい、と見られがちですが)

(というならば、ただのバカらしい、ではなく、ただのバカですが、ただではなく100万円です)

で、表現者、役者としてのショーケン、

近年、年食って、小太りになって、ちょっと、と思ったけど、

(なんだ、それ、俺じゃねぇか)

けど、ショーケンって、どうにでもなっても、ショーケンで、好きなんだろうね。

実際、太っちゃってどうよ、と思っていたけど、

昨年末の吉田茂を演じたテレビドラマでは、あんぱん口の演技がすごかったね。

演技がスゴイ、とか上手いとか、という判断ではなく、

言ってみれば、「やっぱり役者じゃのう」という感覚だったし、

おそらくは、ずっと、そういう役者としての表現者であるショーケンの

映画やテレビでの活動や、ライブでの歌が、好きだったんだろうな。

スポンサーリンク

ショーケンの何が一番好きかっていうと、一言で言えば、

ナルティシズッム=自己愛、ってことになるだろう。

この人ほど、自分を愛して、好き好きな表現者って、なかなかいないんじゃないか、

と思えるほど、一番好きで好きで、レコード聴きまくり、真似しまくった10代末から20代中盤まで、

つまりは、

ショーケンが好きな自分って、自分が好きってことをメディアを通して公然と認められるような、

そんな感じが、ショーケンにあった。

瀬戸口寂聴さんだっけ。いや、誰だっけ? 俺だっけ?

ともあれ、ショーケンを詩人のアルチュール・ランボーに例えたような話を見たり聞いたりして。

やっぱり、これも、80年代か。

ホント、ショーケンのマネっこしていた自分を思い起こすと恥ずかしいくらい、やはり当時の自分が大好きだよ。

ハロー・マイ・ジェラシー  萩原健一

ここまでおしゃれになれなかったけど、ショーケンの影響で、バイトでちょいと余裕がでると、ことごとく服にお金かける時期があったね。

とくにドラマ「傷だらけの天使」の影響で、JUNが好きで、バーゲン(グランバザール)あると、買いあさりにいったね。(とはいっても予算は5000円くらいまでなので、1着だけだったけどさ)

特に、エンジ色のシャツが好きで、何枚ももっていたね。周りには「赤シャツ」と俺を呼ぶやつもいたけど、そういわれて、うれしがっているオレって、

ああ、なんて、自惚れのナルティストなんだろう。

今でも、そういうところは、あるらしい、かもしれない。という噂を聞いたことがあるやら、自分で流したやら。

ハロー・マイ・ジェラシー

なんて素敵なタイトルなんだ。

ハロー、グッバイ、ショーケン、ザ・ランボー

スポンサーリンク
気に入ったらシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク