【断酒30日目】ドラッグストア。薬と薬物の共存スペースにて。

[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

先月9月30日のおでん屋を最後に酒を飲んでいない。

1カ月になるのだが、これくらいのスパンの「禁酒」は今までに何度も行っているのだが、やはり感覚が違う。

「禁酒」の場合は、あくまで「禁止」、時間制限あることが前提だった。

今までは、およそ毎年一年に1カ月が目安で禁酒をしてきた。

「断酒」となると。つまりは自分の身体的あるいは精神的世界に、酒、という薬物は存在しない、あるいは、全く別世界のもの、という感覚でいなくてはならない。

ありがたいことに、今のところは、「飲みたい」という衝動は出ては来てはいない。

スポンサーリンク




本日は、近くのドラッグストアへ行ってきた。

ドラッグストアは、名前通り薬店薬局であるのだが、売り場の3分の1は食料品関係で、その中でも種類の面積は5分の1ぐらいは占めているだろうか。

ドラッグ、それは薬である。のだが、薬物、あるいは考えようによっては、毒物に近いともいえるアルコール類を販売し、それが売り上げをけん引する役割を持っている。

ドラッグストア、その名前、意味深。

 

 

タイトルとURLをコピーしました