BOXINGLEE

BOXINGLEE

【テレワークとJAZZ】

新型コロナウィルスが単に起因したわけでもさまざまな国際情勢の憶測が飛び交う中、もはやテレワークは必須の条件のようです。 あまり政治的な発言はしないつもりですが、何かしらあるとABEがシノゴと語る前に、はるかその前に、政治的な取引がある...
BOXINGLEE

しょぼい人生の総括!もう一回、やってみようかな。

このブログのタイトルを、オチボ新聞に戻します。2000年4月頃だったかな。はじめてインターネットで発信しようと決意して、ホームページビルダーで「人間力マーケット」というつたないサイトを作って、その筆頭のコラムを「オチボ新聞」という名前ではじめて、メルマガのサイト「まぐまぐ」ではじめたのだったね。
BOXINGLEE

誇りと魂に磨かれたチャンピオンベルト|変身忍者 佐藤豪追悼ライブ@荻窪ドクターズバーにて

2019年7月23日(火)変身忍者 佐藤豪追悼ライブへ行った。場所は荻窪のドクターズバーというライブハウス。佐藤豪のライブ人生の後半の拠点となる場所だったはずである。
BOXINGLEE

クンフーオチボ

突然ですが、というわけでもないのですが、 しばらく封印していた「boxinglee」という自分のハンドルネームを復活させようと思いました。 ずいぶんとインディーズ系のアーティストと間をおいていたんだけど、アングラっぽ店を...
オチボ新聞

想い出を磨く旅 変身忍者 佐藤豪の魂と共に太素塚 新渡戸記念館へ

故郷 青森県十和田市に二泊三日の旅に行ってきました。実家の不動産としての確認が主な用事でしたが、あと、今年の太素塚太素祭に令和元年記念漫画とイラストを命懸けで提供してくれた変身忍者 佐藤豪の魂と共に、十和田市の開拓者 太素 新渡戸傳三代と、新渡戸記念館を訪問してきました。
BOXINGLEE

変身忍者 佐藤 豪  チャンピオン防衛ライブ後の奇跡のゴージャススマイル

変身忍者 佐藤豪の素晴らしいところは、まったく何の価値もなかったものに、価値を作りだしたことだ。これは、試合ライブの相手選手としてのシンガーにも言えるし、ベルトを創設した時に賛同してくれたメンバー、協賛していただいた経営者も然りだ。
BOXINGLEE

変身忍者 佐藤 豪の”懐刀”と新渡戸記念館前ステージ

一枚のイラストを新渡戸記念館前特設ステージライブ用に提供してもらった 本年2019年令和元年5月3日の青森県十和田市太素塚太素祭・新渡戸記念館前におけるライブのフライヤー(チラシ)に、どうしても彼のイラストを使いたかった。 新渡...
BOXINGLEE

北に樺太が見えるので、今日もいい天気、と、「変身忍者 佐藤 豪」の”懐刀”は言った。

2019年6月19日午後2時頃、漫画パンクアーティスト・変身忍者 佐藤豪に最初で最後の取材に行った 3年ほど前から重い病気と闘いながらライブ活動を続けている彼の概況を知りながら、私自身が、地方回りの仕事をしているなど諸事情で、...
BOXINGLEE

変身忍者 佐藤豪との約束の一つ エロいバンド結成 ”Dark Side of Blue”

変身忍者 佐藤豪と12年ぶりのやり取りで、お互い了承を得ていたものがあります。それば私と個人 佐藤豪二人を中心にしたバンド結成です。主に私の個人的に好きだった、つまりはDJ Bar boxinglee的な曲をリスペクトしながらコピーするというもの。私が最も敬愛する表現者 原田芳雄が歌う名曲「蒼い影」。
Mother

【月報】新宿~四谷~市ヶ谷~江戸川 出会いとわかれと、来るべきもの

5月から自ら宣言して内勤に籠っていました。 やろうと思っていたことがあった。それは何かというと、自分の人生の仕組み=システムの組み直し、とで言えばいいのかと思う。 最近出会ったある著名な経営者の方が言っていた。
BOXINGLEE

十和田市太素塚太素祭で、敬々が「夕焼け市」を歌った

2003年だったか。東京の荻窪の当時経営していた店で、敬々という八戸出身の歌い手が突然現れて(そもそも店に客は突然現れるものなのだが)、南部弁を交えながら、時にシリアスに、時に酔っ払い、時に全くホジなくして(正気をなくしたとでも翻訳しましょうか。ほんつけなし、ほんずなし、と地域によって若干違いますが)東北のこと、青森県のこと、南部地方のこと、そして、太素塚のことを話した。
BOXINGLEE

新元号発表前に、平成の終わりに昭和の終わりを想う

本日2019年4月1日に新しい元号が発表され、来月5月より正式に元号が変わる。 昭和という時代は、平成という過去のもう一つ前の時代になるのだね
BOXINGLEE

好きなことを仕事にして、糧にし、生きていくために。

店主自らがバカ丸出しによる営業活性化のためではあった。 もうひとつは、ただのヤケクソだったような気もする。 中学生の頃依頼、無理やりステージで演奏しているミュージシャンの指使いを見ながら、真似して、なるほど、ごまかしのきくコードの押さえ方や作り方を真似して、店が跳ねたあと、夜中に練習していた。
タイトルとURLをコピーしました