「 新渡戸稲造 」一覧

見晴台から、ずっと。

見晴台から、ずっと。

は、ものごころついた頃、おそらくは3歳頃から、 その高い視点に気づき始めていた。 何故ならば、私は、 今から150年前に狂気的な才覚と計画力と実行力をもつ人物、 新渡戸傳氏と、その子息である十次郎氏と、さらにその子息の新渡戸稲造氏の 墓を祭った太素塚を中心に、世界を体感し始めていたからだ。

スポンサーリンク