矢沢栄吉のYes,My Loveにイカれて


僕に影響を与えた人物の筆頭で、

矢沢栄吉があります。

キャロルというバンドでやっていた頃は全然!でしたが、

東京出てきて、新宿中心で働いたり、活動するようになって、

矢沢がいっぱい襲い掛かってきて、

死ぬほど惚れました。

当時、また惚れた作家が、中上健次、

アントニオ猪木が死ぬほど好きになって、

落語家の立川談志が決めつけでした。

すべてに共通することは、

規制概念の破壊と再構築、

そして、美しさ、でした。

すべては美しくなくては意味がないと今でも思います。

人によっては、仕事は、土にまみれたり、

泥沼につかるようなことがあっても、

美しくなければなりません。

20歳前後、どろどろの新宿で

どろどろの友人がたくさんできました。

今でいう、フリーター、当時はプータロウ、

役者、ミュージシャンの卵、

ジャズ喫茶のウェイター、

ともかく、ドロドロでした。

結果、あれから30年たって、

私の友人は、

ほとんどがお金持ちの社長さんをやっています。

なんでだろう?

あの、ボコボコに殴りあったあいつが、

あんな風に?

ともあれ、

矢沢栄吉、

かっこいいを越えて凄いです!

ここまでくるとは思わなかった。

新宿のジャズ喫茶のウェイターやっていた頃、

矢沢栄吉のYes,My Loveにイカれて、

クビになった、オレ。

Yes,My Love!

タイトルとURLをコピーしました