【俺がマーケッターになった理由】


文学者になりたくて大学、親に頼んで入れてもらった。

東京出てきたら、青森、ド田舎、クソ呼ばわりする奴らだらけ。

最初、世田谷祖師谷に姉の紹介ですんだけど、合わなかった。

大学も合わなかった。

アルバイトで金をためて、親に負担をかけないようにして、大学を変えよと、受験料と最初の一年の授業料をためた。

そして、勝手に受験して、親に頼んで次の大学に行かせてもらった。

それはすべて板橋の出来事だった。

中上健次の本を古本屋で買って、衝撃を受けた。

オレは19才で、「19歳の地図」を読んで、その映画を観た。

オレは、人生を、爆弾的に変えることを決意した。

板橋。

中上健次

そして、矢沢栄吉、

惚れた

みんな、異族だった。

オレは、故郷十和田を再確認した。

そこは、異族である新渡戸傳が開拓した街だった。

オレは、世界は文学だと確信した。

当時、それは新宿であり、中上であり、ジャズだった。

そして、矢沢栄吉が、

ロックという人生劇場のジャズストーリーを爆裂はじめていた。

1982年

yes, my loveの頃である。

タイトルとURLをコピーしました