八戸学院光星野球部 甲子園での感動と感動と 野球に関して悲喜こもごも


八戸学院光星が、準々決勝で明石商(兵庫)に6-7で敗れた。

ああ、ちょっとというか、非常に残念。

勝てば、2012年以来の準決勝進出!

スポンサーリンク




それに勝てば、青森県初の優勝!だったのだが。。

野球は興味ないのですが、青森県人にとっての甲子園の記憶といえば、

やはり、「三沢 対 松山商業」ですね。

1969年の夏でしたか。

あの延長の決勝戦から決着つかず、

翌日に持ち越された時、あのじりじりとした夏をよく覚えています。

やっぱり、あの熱い夏の日、私は太素塚裏を歩いていた、

光景を思い出しますね。

さておて、

「9回裏2死2塁、プロ注目で武岡龍世内野手(3年)が右飛に倒れ、夏が終わった。」

日刊スポーツに書いてあったのでして、

今更、

「右飛」ってなんなのか、おそらく「ライトのフライ」かな、と思ってググッたら、

やはり「うひ」と読み、「ライトフライ」の意味だそうです。

って、野球ファンにはバカ野郎かもしれませんが。

前も言いましたが、うちはテレビがありません。

しかも、野球はほとんど見ません。

私は球技はあまり得意ではなく、まだ対戦型のサッカーならルールもまあまあわかるし、

蹴っ飛ばすの好きだからいいんですが、

野球のルールって複雑でよくわからない、という前に興味ないんですよね。

テレビアニメ「巨人の星」は、欠かさず見ていたのだけど、野球には興味なかった。

結局、格闘技が一番好きなんだけど、妙な方向での打撃を思い起こす。

小学生の頃、体育の授業でソフトボールやってるとき、

テレビでプロ野球見て、

打席でヒット飛ばした時にボットをポーンと投げ飛ばすのがカッコイイと思って、

ソフトボールの打席で、思い切ってバットを振り切ってぶん投げ飛ばして、

球が当たったので一塁目指して走ったら、アウトだったか何だったか忘れたけど、

先生に「コラーーーっ」と大声で怒られて

「何やってんだ、見ろ」と指さされた後方を見たら、

同級生のシゲルってやつが頭抱えてしくしく泣いていたのだった。

そう、オレが投げ飛ばしたバットは思い切り放物線を描い(たかどうかわからないが)て、

シゲルの頭を直撃したのだった。

その打撃は大きなタンコブをシゲルの頭に作ったらしい。

さておいて、

アナウンサーは「ライトフライ」のことを「うひ」とアナウンスするんだろうか?

「うひ」

さておいて、

仕事で、ラジオやらを聴く暇もなく、ネットニュースばっかりで高校野球の結果見ていたんですが。

八戸学院光星野球部の今年の甲子園大会が終わった。

武岡主将は試合後「自分についてきてくれたみんなに感謝です。人生で一番楽しい時間をもらえたので感謝しかない」と述べたそうです。

また、武岡龍世選手は、チームの仲間の父母らから「スター」と呼ばれるれていたという。

お疲れさま。

確か彼は、中学時代は「徳島ホークス」ってチームにいたんだっけ。

青森県、八戸土着じゃあなくても、まあ、ありがとうですね。

全国各地、いろんな雑種がありますが、

青森県って、いろんな流れ者が集まって形成された国、だもんな。

ともあれ、なんか、光星、って学校に親近感ありますね。

久々ネットで甲子園のニュースチェックしてたら、

八戸学院光星高校、って名前、なんかしっくりこない、

と思ってググってみたら、

2013年に光星学院高等学校から、

今の八戸学院光星に変わっていたんですね。

私が高校時代は、八戸光星、あるいは、光星学院、と皆呼んでいたような気がします。

当時、私は三本木高校空手部所属で、光星学院とは仲良くて、たまに交流試合していましたね。

そういえば、高校3年生の時、

高校総体青森県大会で、

空手の大会が我が母校三本木高校で開催されたとき、

試合前に光星学院の主将と軽くウォーミングアップで組手やったら、

私、間違って、相手の鼻っ柱に突きをカウンターで当ててしまって、

相手は鼻血だして倒れてしまったの思い出した。

光星のコーチの方に、

「試合なら反則負けなんだぞ、キミ!」

と凄い形相で怒られましたね。

当たり前だけど。

今も昔も、つくづく下手くそだな、オレは、っキショー!

結局、全然野球とカンケーねえ話で終わります。

(これからも、自分のメモのつもりで書いてゆきます。いろいろ)

八戸学院光星高等学校(はちのへがくいんこうせいこうとうがっこう)は、青森県八戸市湊高台六丁目(高等学校、専攻科以外)と同市美保野(美保野キャンパス、専攻科)にある私立高等学校。

キリスト教(カトリック)系の学校(キリスト教主義学校、ミッションスクール)である。

八戸学院光星高等学校 – Wikipedia

タイトルとURLをコピーしました