新元号発表前に、平成の終わりに昭和の終わりを想う


本日2019年4月1日に新しい元号が発表され、来月5月より正式に元号が変わる。

スポンサーリンク




昭和という時代は、平成という過去のもう一つ前の時代になるのだね

思えば、昭和30年代生まれのぼくとしては、父親の世代から聞いた言葉や記憶の数々から、昭和の戦前、戦後を生き抜いた彼らにとっての「大正」のような時代感になるのだろうか。

おそらく、現在50代のぼくらの年代の人たちにとっては「昭和」ってのがやっぱり居心地よく、ドラマチックで、ノスタルジックな豊穣な時代、としての記憶が残っているのじゃないかな、と想う。

昭和の終わり。

ちょっとだけ、さりげなく、想い返す。

昭和の終わりを迎えたのは、厚木のシティホテルだった。

新宿の広告代理店の遅い新年会が、厚木にあったクライアントでもあったシティホテル・厚木ロイヤルパークホテル。

所属していた営業部の新年会だった。

前日の金曜日の夜に仕事終わってから、新宿から小田急線で異動し、ホテルのレストランで食事会の後、繁華街に繰り出してカラオケスナックにいって歌いまくった。

昭和天皇崩御の知らせを聞いたのは、翌朝、早朝だった。

どこの会社でもそうだったと思うけど、特にメディア系の会社は、大騒動だった。

番組が全部かわる。CMが流せない。では、いつから。

ぼくがいた会社でもテレビのCM枠の買い付けをしていたので、テレビ媒体を担当していた先輩とかは、朝からタクシーでテレビ会社に直行したはずだ。

まだ駆け出しペーペーでメディアの仕事もさせてもらえないぼくは、対した立ち回りもせずに、自宅に帰ったのだと思う。

自分にとっての、平成への想いとは?

今更ながら、平成、って、どんな感じなんだろう。

自分にとって、若さの時代、20代の終わりの頃であったし、ちょっぴりバブルの期間は、お金がある種自由に使えた時代だった。今、思えば、である。

なんか、博覧会、展示会、撮影、消費者キャンペーン、接待、宴会、、、イベントばっかりの日々だったなぁ。

転職で広告会社入社したときは給料よくなった、と思ったけど、次第にしぼんでいて。

それから、すぐに景気はずっこけて、時代は90年代、世紀末。

生意気なんで会社で仕事ホサれて、あったまきてフリーランスになって、いろんな会社営業しまくって、仕事とって、最大5枚ぐらいの名刺で活動してたね。(つまり、助っ人社員クリエイターのふりだね)

後にまたまとめようと思うけど、boxinglee’cafaというあたかもプロダクションのような飲み屋を始める前、

一番最初の屋号は ”BOXING CAFE” だったね。

メモのようにいろいろ思いだすけど。

HeySay MOBOというコンビのバンドに想いを込めて

これも、荻窪boxinglee’ cafeでの話。

2004年ごろか、

上田ノブ、っていう四国生まれの弾き語りがストーン志村っていう、イカしたエレキギタリストと正式コンビ組んでやる、ってんで、ネーミングしてほしい、ってので。

翌日、いろいろノートにいっぱいキーワード書き込んで、うんうんうなって、確か3、4の候補の名前があがって、そのリストを明日あたりに彼に渡そうか、と考えていて。

当時、大酒のみで、酔っ払いながら書いていたんで。

で、朝方、一つの言葉が、ポトン、と落ちてきたので、

ノートにびっしり書いたメモはまったく無用となった。

こんなことは、広告系の仕事では、よくあることだったなぁ。

3日ぐらいろくも寝ないで、ネーミングやらコンセプトやら、キャンペーン案考えていて、パソコンで企画書書いて、ほぼ完成の頃に、ぜんぜん関係ないキーワードが、ねずみのふんのように、ポトンとデスクの上に落ちてきて、それで、全部書き換えて、クライアントにオッケーもらって、プレゼンでストーーーンと、決まるとかね。

ともあれ、彼らのバンドの名前で落ちてきた言葉は、

HeySay MOBO

だった。

確か翌日、上田ノブに電話したね。

お前たちの名前が決まったよ。

どんな名前ですか?

それは、HeySay MOBOだ。どうだ!

え。。。。。

(その瞬間は、何か、詰まっているよな。。。。

いろんな意味が錯綜したネーミングだったね。

やつらの容姿やら、話し方、たち方、ギターの音、言葉、

平成でもないし、ミレニアムでもない、

古き昭和の田舎ものラブソングじゃないか!

だから、大正ヤロウのような古臭い音たちが、平成ミレニアムにモノ申す!

って、感じの意味合いだったんじゃないかな。

ともあれ、HeySay MOBO って名前、気に入っています。

だって、MOBO、だぜ。

MODERN BOY だよ。

MODERN JAZZの、MODERNだもんね。

平成、その後の時代の、HeySayMOBOに期待したい。

HeySay MOBO 2015/07/04 at "LNOCK" kitasenju, Tokyo, Japan

HeySayMOBOのライブだね。ギター&ボーカルの上田ノブは下戸。ギターのストーン志村は、酒飲むとすぐ寝る

本日より4月。

またまた5月からライフスタイルがガラリと変わります。

その仕込みの4月は、ある種記憶の棚卸のつもりで、書いてゆきたい。

タイトルとURLをコピーしました