夢の荒野

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

故郷 青森県十和田市の開拓史は、実に世界において普遍的である

といいつづけるには、わけがある。

今まで十和田開拓史に通じる文芸、演劇、映画作品にいくつも遭遇した。

その代表的な一つがこれだ。

スポンサーリンク

映画「FIELD OF DREAMS(フィールドオブドリームス)」。

三本木原開拓とは間逆で、

幽霊のような空耳にだぶらかされて、

超僻地なアメリカの広大な畑をぶっつぶして、

野球場をつくるバカな男の話。

If you build this, He will come.

「キミがそれを作れば、彼はやってくる」

そして、誰かがこないかと、ひたすら恋焦がれる。

この映画は、あたかも三本木原の開拓物語の盗作のように30代の自分には見えたが。

さて、十和田市出身のキミはこの映画を見たか。

見ていないならば、レンタルでもなんでもいいから見て、

一度、あらためて十和田三本木開拓の本でも読んで、

青森県十和田市のFIELD OF DREAMS、太素塚に来てみなよ。

彼と、彼と、彼らが野球場のような町を作ったおかげで、

とんでもない人々が、いっぱいやってきたよ。

正義もいれば、悪魔もいる。

男前はオレだが、いい女もおおぜい。

馬喰宿も女郎屋も、パチンコ屋も、キャバレーも。

というぼくは、どこにいるのやら。

しばし、夢の中の父親と話そう。

5月4日、太素塚で逢おう。

今夜は、どすこい。

スポンサーリンク
気に入ったらシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク