母親との家出

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


今年の春先から、なんとなく家出をしているような気がします。

生まれた実家がある故郷十和田でもなく、

長年生きてきた東京、杉並でもなく、

なぜか縁あって東北あたりを仕事でうろうろしています。

故郷とは限らず、遠くに離れると、離れた土地や時代を思い出します。

スポンサーリンク

今は、また50年ぶりの家出なのかもしれません。

ぼくの母親は、とかくに家出というか、急にどっか思いついたらぷいっと行ってしまう、

ある種放浪癖のある女性だったようです。

ぼくが母親と一緒にすごした間も、

ぼくとの家出を含めて、少なくとも5回以上は、

急に家から失踪した事件がありました。

母親は昭和3年、大きな農家の次女として生まれましたが、

由緒あるところから嫁に来たぼくの祖母にあたる母親とは

とかくぶつかったようです。

祖母、呼び名は、おばっちゃは、ちょっと遠くの由緒のあるの家からとついできたので、

大変に気位が高かった。

また、実際に、親戚縁者、その他有力者にも顔がきき、

その立ち振る舞いも、当時は相当なものだったと聞く。

ぼくの記憶に残るおばっちゃは、確かに、どこかいかつい感じがあり、

ぼくが物心ついた頃は、夫でおじっちゃは、ボケが入っていたので、

ちょいとばかりおばっちゃに、ジャケにされている感じがあった。

細かには思い出すには調べなおさなくてはならないが、

ともかく、近所や親戚に影響力と存在感のあるおばっちゃだった。

そして、そのおばっちゃと7人兄妹の中で、

もっともぶつかり合ったの、ぼくの母でした。

その母親と、家出をしたのを毎年思い出します。

それは5歳頃の夏のある日の昼にはじまり、

11月の太素塚裏の夕暮れに終わります、。

はじまりは、母親が、僕が通っている保育園に

突然、スカート姿の小汚くない姿で現れたのがはじまりでした。

スポンサーリンク
気に入ったらシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク