新渡戸稲造と武士道とイマジン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


国連でのトランプ大統領のスピーチをテレビで見ながら、ジョン・レノンを思い出していた。

ジョン・レノンは、歌の中で言った。

スポンサーリンク

想像してごらん。

天国も、国境も、宗教もない、一つになった、そんな世界を。

トランプは、言った。

「正義の側にいる多数」が「悪しき少数」と闘うのだ。

アメリカが第一で、それぞれの国がそれぞれの国を優先する、それでいいのだ。

世界は、一つではない。

かたわらで、13才の少女と、両親が泣いている。

今の情勢は、どこか満州事変後に、立場は違えど似ている気がする。

新渡戸稲造は、日本の立場を説明にしにカナダに行き、その地でなくなった

新渡戸稲造は、丸いめがねだった。

ジョン・レノンも、丸いめがねだった。

ジョン・レノンが、新渡戸稲造を真似したかどうかは、どうぞイマジン。

されど、同時代にいたら、さぞや仲良しになったと、これもイマジン。

何か、当時の稲造氏と、安倍総理の立場が、

立ち位置違えど、似ている気も、またする。

ロケットが飛び、核爆弾が地鳴りを起こし、13才の少女と、両親が泣いている。

アメリカ、ロケット、ニューヨーク、

今、どう考えても、安倍首相しか、

この複雑な情勢に入り込む日本人はいないのではないか。

「つよく、やさしく、きびしく」日本の真の武士道が問われている。

スポンサーリンク
気に入ったらシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。