「一流の男をつくる才能と信念の磨き方」里中李正から

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

何気なく本棚にある一冊の本を抜き出して、ちょうどめくったページにこんなことが書いてあった。

———

あなたが生まれたときから庶民の息子で、父親は平凡な男で、高卒か普通の大学で、会社も無名の企業で、何の才能もなく、お金もわずかしかないとする。




そんなあなたとは逆に、生まれた時から裕福で、進学校に進み、一流の大学を出て、大手の企業に入り、貯金は一億円ある男がいる以上、あなたは社会的に負けていることになる。

彼らは闘わずして勝ち、我々は、闘いながら負けている。

それに劣等感を持ってはいけない。

何度も言うが、勝ち続けている男は負けるのだ。己に負けるのである。

そして、我々は、己に勝つ術を覚え、長いトンネルから抜け出すのである。

自力で、そのボロボロの体で。

「一流の男をつくる才能と信念の磨き方」里中李正著 三笠書房より

———

あくまで自力なのだ。

スポンサーリンク
気に入ったらシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク