太素塚の遊び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

子供たちにとって、太素塚の中で、

もっともスリリングで面白い場所は、

新渡戸傳、その息子十郎、さらにその息子の稲造、

十和田市の開祖新渡戸三代の三つ並んだ記念墓碑だったと思う。

本来、太素塚は、埋葬された新渡戸傳という偉人を祭る「墓所」であったはずであり、

そこに並ぶ記念墓碑も本来の意味で、墓、である。

その3つ並んだ偉人の墓だからこそ、

子供たちにとっては、非常に面白くスリリングな場所でした。

なぜなら、その3つの墓地は、

当時の子供たち、特に男の子たちの心を奮い立たせるキーワードに符合するような

場所だったから。




そのキーワードとは、

「秘密基地」。

当時のぼくたち子供は、まだモノクロだったテレビのアニメや、

絵本や、マンガに感化されていた。

ぼくが一番最初に虜になったテレビアニメは

誰もがご存知日本のアニメの幕を開けた

「鉄腕アトム」

そして、

「冒険ガボテン島」

そして、

「狼少年ケン」

さらには、

つづきは、また、明日。

太素塚裏のはなたれ小僧

ごめんね。仕事が間に合わないので、また明日。

スポンサーリンク
気に入ったらシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク