【週刊オチボ新聞】再び、生きる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日、自分の生まれ故郷に関わるシンポジウムに参加して、

ココロの中に溜め込んでいたものを書き始めようか、と思って

このサイトに書き始めました。

ここにあるとドメインは前から持っていたんだけど、

何を書くかは決めていなかった。

命について、生きる、住む、ということについて

とても考え込む時間をつくるようになりました。




かたわらで、一年近く一緒に住むようになった、

ぼくと同年代にあたる年齢の一匹のねこが、

危篤状態になってきていたりしていた。

生きる。

世の中の構造というものは、ある種の世界的な構造をもちながらも、

生きる、という視点においては、

どうにもならないくらい、喜怒哀楽が層を超えて顕在する。

その感情や価値観、想いにおいて、

ぼくが生まれたふるさとを題材にすることは、

自分にとってもわかりやすいという観点にたって、

ここを継続してゆきたいと思います。

スポンサーリンク
気に入ったらシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク