夕暮れの町

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ぼくは一頃、ライブのできるバーを荻窪で運営していた。

一頃とても暇で、一頃メチャクチャ繁盛した。

暇な時期に、彼は来た。

彼は、フォークシンガーだった。

彼は、ぼくの生まれた十和田に近い八戸の生まれだった。




だが出会う場面は東京だった。

東京だと、なぜか、故郷の中の異郷の人と対話がうまく行く。

なぜか、そうなのだ。

それは世界中に起きていることだと思う。

彼に、

ある日、その一人の友人のフォークシンガーに、

「オレの故郷は、夕暮れの町なんだよ」、

と言った。

彼は、同じ青森県八戸市出身の男だった。

その彼に、

「オレの故郷は、夕暮れの町なんだよ」

すると、彼は、そばに置いたギターを歌いはじめた。

その歌について、明日話そう。

それは、夕暮れなのに、明日の話だから。

スポンサーリンク
気に入ったらシェアをお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク